いびきを防止する秘策|家族に迷惑をかけない為に

男の人

腰痛で悩んでいる人に最適

ベッド

敷布団は柔らかすぎても固すぎても腰痛の原因となるので、体圧分散が可能な雲のやすらぎが人気となっています。不眠や腰痛の原因が寝具にあることも多いのですが、敷布団だけではなく枕にも原因があることもあるので、その場合は敷布団を雲のやすらぎにするだけではなく枕の交換も考えなければいけないので注意が必要です。

快眠のための枕

寝具

理想の枕とは、寝ているときに首のスキマを埋めてくれる枕のことを言います。立っているときの姿勢で寝ることが快眠できる姿勢だからです。使われている素材にも合うもの、合わないものがあるのでぜひ色々試してみて理想の枕を探してみてください。

腰痛にお悩みの方へ

女の人

長時間のデスクワークは腰痛の原因になりやすいです。椅子にクッションを置いたり、視力が弱い人はパソコン用の眼鏡を使用して正しい姿勢をとるようにしましょう。また、腰痛の改善法としておすすめなのが食生活の見直しです。カルシウムとカルシウムを骨に吸収させやすくするビタミンDを積極的にとるようにしましょう。

体の中から対策を

横になる女性

太らないように

最近は、いびきを防止するグッズがたくさん売られています。しかし、いびきを防止するには体の中から対策をすることが重要です。いびきはのどに脂肪がつくことで起こることがほとんどです。なので、太らないように健康的な生活に改善しましょう。とくに、食事は重要になってきます。低脂肪低カロリーの食事は、いびきを防止するための食事です。糖質も摂りすぎないようにしましょう。そして、緑黄色野菜を毎食摂るようにしましょう。肥満防止に欠かせない栄養素が豊富に含まれています。美容にも良いので、女性にとっては一石二鳥と言えるでしょう。野菜を毎食摂るのが難しいと言う場合は、サプリメントを利用しても構いません。健康改善を図り、いびきを防止しましょう。

美容外科で

いびきを防止するには、自分で健康的な生活に改善するしかないと思われがちです。しかし、今では美容外科で治療できるようになりました。レーザーで治療しますが、短時間で済むので体への負担は少ないです。しかし、注意したいこともあります。いびき治療を受ける場合、術前検査が必要になります。病院に行った日に治療することはできないと言うことを分かっておきましょう。また、手術の5時間ほど前から食べ物や飲み物を摂るのがNGになります。これも頭に入れておきましょう。そして、手術が終わって2週間ぐらいの間は、辛いものなどの刺激物を摂らないことです。お酒を飲むのもやめましょう。不安なことがある場合は、医師に質問をして解消することです。